スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 プロの仕事術」(『THE21』編集部 編集)

今回紹介するのは
「<決定版> プロの仕事術」(『THE21』編集部 編集)
です!

『THE21』編集部は毎月、「超一流」といわれる経営者やビジネスパーソンに、この質問をぶつけている。本書には、そのなかでもとくに「これは面白い!」「これは参考になる!」二十人の話を厳選し、収録した。



「超一流」といわれる経営者やビジエスパーソン総勢20名の方のお話を収録した本です。
こういった本でよく紹介される藤田晋さん、北尾吉孝さん、渡邉美樹さんはもちろん、その他にも実演販売人のマーフィー岡田さんのお話も収録されていました。
どの方も紛れもなくプロです。

マーフィー岡田さんの話がとても興味深かったです。
お客様の満足とはどのように考えているか、その満足を与えるためにどのようなことをしているか。
私の職種はSEですが、どの仕事にも共通する考えが書かれていて、とても参考になりました。

また、和田裕美さんの話もとても参考になりました。
昔は内気で人見知りであった和田さん。
その和田さんが今では超一流のセールスウーマンになっている。
そうなれたのは、自分に合った営業の仕方を知ったから。
マニュアル通りではなく、正直に相手を喜ばせたいという思いからの接客。
「相手から奪う営業」ではなく、「相手に与える営業」。
やはり考え方一つで、人は変わりますね。
是非、私も見習いたいと思いました。

プロ総勢20名の仕事術。
きっと皆さんにも活かせるものがあると思います。
皆さんも是非読んでください!

スポンサーサイト

「お金持ちになるちょっとした「習慣術」―完全保存版」(『THE21』編集部 編集)

今回紹介するのは
「お金持ちになるちょっとした「習慣術」―完全保存版」(『THE21』編集部 編集)
です!

「時間もお金もかけずに、自分の好きなことで『金持ち』になる」を合い言葉に実現する方法を紹介。



大前研一さん、渋井真帆さん、森永卓郎さんなど、経済に詳しい方の「お金」に関する経済面でのお話。
「斎藤一人さんの不思議な魅力論」などの著者の柴村恵美子さんの「お金」に関する精神面でのお話。

「お金」について幅広い観点で記されています。

私が特に印象に残ったのは、「斎藤一人流 魅力を高める秘訣② 言葉の使い方次第で誰でも魅力的になれる」という章です。そこではこう書かれていました。

「『不景気ですねぇー』とか。一回ぐらいいったっていいんだよ。だけど、不景気なのは政治家や官僚が悪いからなんて、しょっちゅういっていると、魅力がないんだよ。それより、『いくら不況でも、繁盛している店もあるんだから、ウチも頑張んなきゃね』といったほうが魅力的だよね。」

確かに。。。
やはり、こういう発言をしている人を見たら、「魅力的だなぁー」と確かに思うと思います。
人の価値は、その人の言葉で大きく変わります。
まずハッタリからでもやはりプラスの発言をするべきだと思います。
自分の言葉により、自分の思考が影響を受け、自分の行動にまで影響を受ける。
なので、これかはよりプラスの発言をしていこうと思いました。

本書のテーマは「お金」ですが、私のように、それ以外の部分でも為になると思います。
是非本書を読んで、習慣を見直してください。
どうせ見直すなら、早ければ早いほど良いと思います!

「一流に学ぶ!仕事が速くなる技術」(『THE21』編集部 編集)

今回紹介するのは
「一流に学ぶ!仕事が速くなる技術」(『THE21』編集部 編集)
です!

プロの思考法が、あなたの仕事観を変える!毎日残業に追われている、一日の終わりに今日やった仕事を思い出せない、どんな仕事でも完璧にこなさないと気がすまない…そんなあなたのための本です。



この本を読んで思ったこと。
それは「仕事が速くなるには小手先の技術ウンヌンではなく、考え方である」ということ。

本書では、核心を突いた、次の言葉が書かれていました。
「『仕事が速い』ことは『作業が早い』ということではない。」
まさしくその通りだと思います。
小手先の技術で作業を早く進めるのは大事なことであり、その小手先の技術は新人の間では「デキる/デキない」の判断に使われるでしょう。
しかし、徐々に年数を経るにつれ、小手先の技術の効果は小さくなるでしょう。それは仕事を覚えるにつれ、徐々に作業者から脱却していくからです。
はやり『仕事が速くなる』には、『考え方』そのものを変えなければならないと思います。

また本書では、多くのデキるビジネスマンの方々が考える「仕事が速いとは何か。仕事が速くなるにはどうすればよいか」が紹介されています。
その中で多くの方が紹介していることが以下の内容でした。
 ・オン/オフの切り替えをしっかりする。
 ・自分の時間を大切にする。
 ・決断を早くする。

ほぼ似たような内容です。
要は、
 1.オフを計画する。
   ↓
 2.定時退社するなど、仕事に費やす時間を減らすために工夫する。
   ↓
 3.オフを満喫する。
   ↓
 4.人生においてモチベーションが上がる。
   ↓
 5.オンにもモチベーションが上がる。
   ↓
 6.仕事が速くなる。
   ↓
 7.さらにオフを満喫するためにオフを計画する。
   ↓
 8.「1.」から繰り返す。
の良いスパイラルになることを指しています。

私はオフを満喫しているつもりです。
趣味のマラソン、料理。
今は毎年タイムを縮めるため、日々努力しています。
仕事がいくら忙しくなっても、趣味をおざなりにすると、悪影響になると思います。
これからも継続してオフを怠らず、オン/オフ共に目標を持って日々を過ごそうと思いました。

皆さんも是非本書を読み、デキるビジネスマンがどのようなオフを過ごし、モチベーションを上げているのかを知り、人生を謳歌してください。

「人生を変える 修造思考!」(松岡 修造 著)

今回紹介するのは
「人生を変える 修造思考!」(松岡 修造 著)
です!

断るときは100%断る!いつも心に富士山をイメージする。移動時間が3分あれば、本を開く―毎日をワクワク生きるための自己変革術。



意外と深い。
いや、めちゃくちゃ深い本でした
パラパラ読みで読もうと思っていましたが、じっくり手を止めて読んでいました。

一章目は「『情熱大陸』を観るときは、主人公を自分に置き換える」。
松岡修造さんはテレビを観るとき、自分が主人公になった気分で観るそうです。
クイズ番組では回答者、ドキュメンタリーでは取り上げられた人、報道番組では報道者、といった感じです。
テレビを観ると受動的になり、思考が低下すると一般的に言われることがありますが、これを実践したらそんなことにはならないと思います。むしろ、思考が向上するのではないかと思います。
大変ためになりました。早速実践していこうと思います。

印象に残ったのは「満員電車ではみんなに力をもらう」という章。
その章で以下のように記されています。
「電車に乗ったときに僕はそんな頑張る人の姿を見るだけでも、したいことをできる状況にある自分はとても恵まれているなと実感します。そしてもっと頑張ろうと思うのです。~~~皆さんも大変だ、うまくいかないと思ったら、周りに目を向けてください。親、兄弟、友人、同僚、先輩、上司、あるいは電車の中の人、仕事で出会う人、その中には自分より頑張っている人がたくさんいます。そんな人たちが、あなたにもっと頑張る勇気を与えてくれるはずです。」
非常に心に響きました。自分もまだまだ頑張れる、そう思いました。

書き続けたらキリがないほど、紹介したい内容があります。
皆さんにも是非読んで欲しい一冊です!

「ビジネスマンのための『勉強力』養成講座」(小宮 一慶 著)

今回紹介するのは
「ビジネスマンのための『勉強力』養成講座」(小宮 一慶 著)
です!

効率とスキルと知識だけじゃダメ。資本が智に寄り添う時代のビジネスマンに、経験の集積から本質をつかみ、知識を知恵に変える90分。『発見力』から始まって、『数字力』『解決力』『読書力』『社長力』『時間力』ときた「養成講座」シリーズの集大成。



ただ単に本を読むだけではもったいない。
本を読んで、人生に活かしたい。
そう考えている方にオススメの本です。

本書では、本の読み方を以下の通り紹介しています。
 「1.速読」…知識を短時間で得るための読書。
 「2.通読レベル1」…全体をざっと通しで読んでいって、そこから読書を楽しんだり、ある一定の知識を得るというのを目的とした読書。
 「3.通読レベル2」…楽しむというよりも、勉強に重点を置いた読書。
 「4.熟読」…自分の専門分野や興味のある分野の本を、全部読まなくてもいいから必要なところだけ、リファレンスを参照しなげら読む読書。
 「5.重読」…自分の考え方を高める為、同じ本を繰り返し読む読書。

この本では、読者オススメの本も紹介されています。
「この本を読むならこの読み方!」という感じです。
しかもあらゆる本を読んだ著者が紹介しているので、本の紹介がうまく、どれも読みたくなります。

その中でも私が特に印象深いのは、「百回以上は読んだ『菜根譚』と安岡先生の『論語の活学』」という章です。

以前にも当ブログで書いたかと思いますが、やはり論理力向上の為には「あらゆる人に読み継がれてきた良本を読むこと」であると思います。
大昔前に書かれたのに物事の本質を摑んでいるので、今でも新鮮な内容に感じ、多くの方が読み継ぐのだと思います。
しかも私の尊敬する方が安岡先生の大ファンであるということもあり、とても興味深かったです。

皆さんも本書を読んで、本の読み方の使い分けをして、効率良い読書をしてください!

プロフィール

ぽじてぃぶ職人

Author:ぽじてぃぶ職人
【ぽじてぃぶ職人の日々】へようこそ!

ビジネス書、自己啓発本、小説で特に面白かった本、ためになった本、自分のバイブルになった本などを紹介していきます!

またビジネスをする上での重要な考え方、心得、格言、ノウハウなども紹介してきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。